サラ金の金利は法律が改正した事で引き下げられています

サラリーマン金融の事を略してサラ金と呼びます。最近はサラ金と呼ぶ人は少なく、大半の人や金融業者はそれぞれ消費者金融などと呼んでいるのが特徴です。他にも町金融等と言った呼び方もありますが、サラ金、消費者金融、そして町金融はすべてが貸金業法の法律の下で合法貸し付けを行っているのが特徴です。貸金業法は貸金業者に対する法律であり、総量規制の対象になります。総量規制は多重債務に陥る人を減らす目的で制定が行われたもので、総量規制が適用される貸金業者は貸し付けを行う際には年収の3分の1未満まで、他社からの借入がある申し込み者の場合は、借入総額をマイナスした金額で貸し付けを行う事を義務付けています。さらに、総量規制の中には申し込み額が50万円を超える場合、申し込み額と他社借入総額の合計が100万円を超える場合には所得証明書類の提出を義務付けしており、返済能力が不能にならない、多重債務に陥らないようにするための規制が設けられています。
ところで、サラ金と言うと高利貸しのイメージを持つ人も多いと言えましょう。
しかし、貸金業法が改正された時に出資法の上限金利は利息制限法の上限金利に引き下げが行われたため、従来のグレーゾーン金利は廃止になっています。そのため、従来のような高利貸しとは異なり、20.0%の金利を超えた貸し付けを行っている金融業者はありません。ちなみに、利息制限法の上限金利は借入額に応じて異なるのが特徴です。例えば、10万円以下の場合は20.0%、10万円を超えて100万円未満の場合は18.0%、100万円以上の場合は15.0%が上限になっています。そのため、消費者金融のホームページに記載してある金利を見た時に、20.0%を超えた数字が掲載してある事はないわけです。しかしながら、消費者金融には中小の会社もありますし、銀行系消費者金融などのような大手の会社もあり様々です。中小の会社などの場合は、比較的金利が高くなっていますが、大手の場合は金利が低めに設定してあるのが特徴です。

サラ金の意味について正しく知る

金策に困っている人にお金の貸し付けを行っているのが、サラ金やヤミ金などの金融機関です。ドラマなどの影響で、これらの金融機関から借金すると借金が雪だるま式に膨らんでしまい、人生に危機的な状況をもたらすように思っている人もいます。しかし、返済できる範囲内で融資を受けるなら、借金がかさんで破産したり大変なことになったりはしません。まずは、金融機関ごとの特徴を正しく理解して、どこで借りるなら安全なのか把握することから始めてみましょう。
まずサラ金の意味ですが、これはサラリーマン金融の略称です。街金と呼ばれる小口の消費者金融とほとんど同じものです。いずれも今は消費者金融と呼ばれていますね。つまり、サラ金は消費者金融の古い呼び方のことです。サラリーマン以外にも、主婦や自営業者などもお金を借りるケースが増えたので、呼び方が変わっていきました。
それでは、サラ金とヤミ金の違いはどこにあるのでしょうか。両者を同一視して、どちらもお金を借りてはいけないものだと思い込んでいる人もいますが、怖いのはヤミ金の方です。異常に高い金利で貸し付けを行っている違法業者のことです。最近はヤミ金のイメージを払しょくするために、親身になって借金の相談に乗ってくれるソフトヤミ金というものも登場しましたが、これもヤミ金と本質的には同じなので危険な存在であることは変わりありません。
その一方、サラ金は貸金業法を守って、法定金利内で貸し付けを行っているので、安全にお金を借りることができます。各都道府県知事などの認可を受けた正式な登録業者でもあるので、社会的な信頼性もある企業です。融資額も法律にのっとった範囲内なので、お金を借り過ぎて将来返済に困るというトラブルも回避できます。借金はなるべくしない方がいいのですが、もしどうしてもお金を借りたくなったら、テレビコマーシャルなどで知名度の高い消費者金融だけから借りておけば安心ですね。

銀行がやっているカードローンであるとか…。

 

消費者金融は即日キャッシングサービスを実施しているということで、実際に申込み手続きをしたその日の内に、便利なキャッシングサービスを用いて、必要なお金を借りることも容易なのです。どのカードローンにするか決断する時に重要になるのは、1つ1つの利点を精査して、あなたが最も大事だと思う部分で、ご自分にマッチしているものに決定することに違いありません。古くは「キャッシングでお金を用立てる」と言ったら、電話や無人契約機を介しても申し込みがほとんどでした。しかしながら、昨今はネットのグローバル化により、キャッシング申込み作業自体はなお一層シンプルになりつつあります。昨今はクレジットカードでも、キャッシングができるようになっているものが結構出ているということもあり、手を煩わせることなくキャッシングの申込を終了させることができると言っていいでしょう。

即日融資を希望するなら、店舗内での申込、無人契約機経由での申込、インターネットを利用した申込が必要になります。たくさんある銀行系のローン返済法は、消費者金融の会社みたいに、指定された返済日までに利用者自らが返済しに行くのではなく、毎月指定された日付に口座引き落としされるのが一般的です。キャッシングを急ぐ場合は、「融資の申込金額を49万円台まで」としてください。50万円以上のキャッシングが不可欠という場合は、申込人の「収入証明書」が欠かせなくなるので、結構煩わしいです。キャッシングで借金をしているからと言って、その他のローンはなんら組むことができなくなる等という事はございません。幾分の影響はあるくらいなのです。いざという時のために、ノーローンのユーザーになっておいてもいいのじゃないかと思います。給料が振り込まれる前の何日間など、困った時に無利息キャッシングはかなり重宝します。キャッシングをすることにしたら、保証人を立てることもないですし、併せて担保もいりません。そんなふうだから、気負わずに借用することができると言えるのです。

昔に返済の期日を守れなかったという経験の持ち主は、その事が審査で問題になることも否めません。つまりは、「返済能力の欠如」ということを指し、手加減抜きで判定されるはずです。「額の小さいキャッシングを行なって、給料日に全額を返済する」というようなサラリーマンに多く見られるパターンを考慮すれば、「ノーローン」は、計画的に何回でも無利息キャッシングが可能なので手軽で便利だと思います。キャッシングでお金を用立てる時に早さを重視するなら、「消費者金融、しかも大手」をチョイスする方が利口です。銀行カードローンで申し込んだところで、スピーディーに現金を手にするのには向いていないからです。「銀行がやっているカードローンであるとか、俗にいう信販系は、通常審査に日にちを要するのでは?」と不安に思っているかもしれないですが、ここ数年は即日融資を謳っているという所も確実に増加しているとのことです。「利用が初めてということで怖い面がある」という方も大勢いらっしゃいますが、何の心配もいりません。申し込みは手間暇不要、審査も手際よし、その上使いやすさなども一歩一歩向上しているので、悩むことなくご利用いただけると思います。